ネットビジネスで不労所得を得るには自動化は絶対に必要

不労所得とは働かずして得る収入のことですが、ネットビジネスで不労所得を得ようと思うのであれば、自動化は絶対に必要になってきます。

今回は不労所得とネットビジネスでの自動化をテーマに書いていきます。

不労所得とは

まずそもそも不労所得とは何なのかということですが、これは簡単に言えば、働かないで収入が入ってくる状態を指します。

反対の意味で言うと、勤労所得という言葉があります。

不労所得の代表的な例で言うと、不動産の家賃収入・印税・自動販売機・金融投資などが有名です。

ちなみにですが、僕が不労所得という考え方を知ったきっかけは「金持ち父さん貧乏父さん」という本に出会ってからです。

良ければ一度見てみて下さい。

関連記事:金持ち父さん貧乏父さんのあらすじと感想!内容を徹底レビュー

一つの収益に依存するのは危険

昔は、サラリーマンや公務員は安定していて安全と言われていましたが、今ではいつリストラや倒産という悲劇が自分に襲ってくるのか分かりません。

ましてや、郵政民営化を皮切りに、公務員が民間企業に様変わりする時代です。

これからロボット化が進むと言われていますので、簡単な仕事は全て人の手が不要になってくるでしょう。

そうなったとき、所詮会社の手足としか思っていない企業は、平然と不要な人材を切ってきます。

こういう現実に目を背けて、会社という一つの収入源に依存するのは非常に危険です。

もしも、今突然会社からの収入がなくなったらどうしますか?

今まで考えたことが無かった人は少し考えた方が良いと思います。

さらに言うと、もし体を壊したり怪我をしたりして、満足に仕事が出来なくなったら、会社や国は助けてくれません。

多少補助金のような形で支給はしてくれますが、これから年収何千万を目指して頑張っていくということは出来なくなってしまいます。

自分の体を動かさなければ出来ないような仕事は、自分の体が動かなくなったときには出来ないということを知るべきです。

自分のやりたいことをする

もし明日から仕事しなくて良いよと言われたら、あなたなら何をしますか?

これからも仕事を続けるというのであれば、存分に仕事を楽しんで頂ければかまいませんが、他にやりたいことが出てきたのであれば、それを楽しめる人生こそ、あなたにとって豊かな人生と言えるでしょう。

人は仕事をするために生まれてきたわけではありません。

生きるために仕事をするのです。

でもその生き方は僕たちが自由に決めていいはずなんです。

前にも書きましたが、本当の自由とは選択できることですので、仕事も生き方も自由に選択していきましょう。

関連記事:本当の自由とは選択できることだと思う

ネットビジネスで不良所得を作るには

不動産は初期費用がかなりかかりますし、ローンや融資という形で借金もしていくことになるでしょう。

印税も魅力的ですが、センスが非常に大きく左右する世界ですので、売れないバンドマンや売れない小説家になる可能性が高いです。

自動販売機も小口の不動産と一緒ですので、不動産よりも投資額が少なくて済みますが、その代わりリターンも少ないです。

そこで一番おすすめのビジネスモデルは、やはりネットビジネスなんですね。

サイトを一つ作っておけば、寝てても収入が入ってきます。

もちろんここまで作り上げるのには、かなり仕組化が必要ですが、SNSや検索エンジンに集客システムをばらまき、自動で人を集め、自動で売っていく。

僕が実践しているトレンドアフィリエイトはかなり労働に近いスタイルですが、それでも外注を使えば、半自動で稼ぐことが可能です。

僕は今YouTubeアフィリエイト、サイトアフィリエイト、新たなトレンドサイト構築と、ゆくゆくは何十万という収入をもたらす資産を作っていますので、毎日朝から晩までパソコンと向き合って働いていますが、先月の20万を稼ぐのに使った時間は、キーワードを考えて外注に依頼するという作業を1日1時間していただけです。

今構築している資産になる収入源というのは、より放置に近い状態で稼げるようになることを考えて作っていますので、時間が経てば不労所得ができてしまいます。

ネットビジネスに限らずビジネス全般において、自動化に取り組まなければ、いつまでたっても八百屋のおっちゃんや肉屋のおっちゃんから抜け出すことはできません。

自分が働かなければ収入が入ってこないようでは、所詮サラリーマンと大差ないと言えるでしょう。

公式facebookページ

公式Twitterアカウント

コメントを残す