ビジネスはレバレッジを効かせて小さいものを大きくしていく

ビジネスはレバレッジを効かせて小さいものを大きくしていくというのが基本となります。

このレバレッジという言葉はビジネス初心者であればあまり聞きなれない言葉だと思いますが、実はこのレバレッジを効かせやすいビジネスこそ、ネットビジネスと言われているんです。

レバレッジは投資の概念に似ている

小さいものから大きいものというのは元々は投資の概念なのですが、テコの原理のように小さい力で大きいものを動かすことを指します。

簡単に言うと少額で投資して、それが大当たりしてぼろ儲けみたいな状態のことです。

もしくは、その儲けをプラスで投資して、さらにその儲けをプラスで投資してと少しずつ掛け金を増やしていくというのも、最初は少額から始まっていますので、レバレッジが効いている状態と言えます。

投資初心者は、最初に大金を投資したがる人は多いですが、このレバレッジを効かしたやり方は時間がかかりますがリスクを少なく手堅く投資ができます。

特に不動産投資をするときなんかもこの手法は有効で、最初に借金(ローンや融資)をして失敗するとダメージは大きくなってしまいます。

ある程度貯金をしてから借金をせずに不動産を買い、そこからさらに貯金をしながら不動産の収益も手を付けず、2つを合わせて最初より高額な不動産に手を出す。

これが投資の王道スタイルです。

この手法は実は時間がかかるように感じますが、倍々方式で膨らむので、ある瞬間に突然収益が爆発します。

この手法をネットビジネスで応用するととてつもなく安全に、しかもかなりの大きさでレバレッジを効かせることが出来るんです。

ネットビジネスでレバレッジを効かせる

最初にサイトアフィリエイトで説明しますね。

サイトアフィリでは定期的にサイトを更新しながら運営していきます。

しかしこのサイトを更新していくという作業は、アクセス数が増えようと減ろうと作業方法は何も変わりません。

つまり1人にサイトを見せようと、1億人にサイトを見せようと、やる作業は一緒ってことです。

これこそネットビジネスでのレバレッジの効かせ方です。

僕は現在トレンドアフィリエイトという手法で稼いでいますが、毎日何記事かを投稿するというスタイルを月に3万くらいの収益の時からずっとやっています。

そして現在18万ペースを維持していますが、やっていることは毎日何記事か投稿するという、今までと同じ作業だけです。

トレンドアフィリエイトを初めた最初の頃は、それはそれは時給に換算したらとても続けられないような収益でしたが、結果的にレバレッジが効いてしまえば時給に換算したらとてもおいしい金額になってしまうわけです。

さらにメルマガアフィリエイトをした場合はもっとシンプルです。

1日1通メールを書くとして、読者が1人でも1億人でもやる作業は一緒です。

投資の世界では投資額を少しずつ増やしてレバレッジを効かせますが、ネットビジネスでは読者やアクセス数を増やすことでレバレッジを効かせていきます。

しかしサラリーマンのように雇われている人の場合、収益を増やそうと思うと作業を増やすという方法しかありません。

これではレバレッジが効かせられないので、稼げないのは当然ですよね。

人間の時間なんて長くても100年分しかないんですから、めちゃめちゃ稼げたとしても、この100年という時間内で収まる作業しかできませんからね。

高給取りの年収1千万オーバーをサラリーマンで目指そうと思ったら、人生のほとんどを仕事に捧げないと無理です。

でもネットビジネスならその何倍もの収入を、うんと少ない時間で、自由なライフスタイルで稼ぐことができる世界なんです。

まぁ僕の場合はまだそんな夢のような世界には足を踏み入れていないので、正直説得力に欠けますが、でも20代前半の若造が本気で目指すことが出来る世界なんて、ネットビジネスしかありません。

ただ最初は作業量に見合うだけの収益が入ってこないというのが悩ましいですが・・・

しかし小さいものを大きくしていくことで、あるとき収益額が突然跳ね上がる瞬間がありますので、今収益がなくても諦めずに続けることが大切です。

ネットビジネスほど継続は力なりという言葉が似合うビジネスモデルはないんじゃないのかなと思います。

公式facebookページ

公式Twitterアカウント

コメントを残す