忍者AdMaxって稼げる?評判・評価・感想・徹底レビュー

クリック課金型広告の最大手、Google AdSenseに並び2番手として注目されている忍者AdMaxですが、本当に稼げる?と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は評判・評価・感想などを僕なりに徹底レビューしていきたいと思います。

忍者AdMaxとは

忍者AdMaxとは、忍者ブログや忍者アクセス解析などの忍者ツールズで有名な株式会社サムライファクトリーが提供するクリック課金型広告です。

クリック課金型の最大手はやはりGoogle AdSenseですので、広告数・クリック単価・クリック率、どれもGoogle AdSenseには及びませんが、Google AdSense以外のクリック課金型は稼げないとまで言われている中で、忍者AdMaxはかなり優秀な収益性を誇ります。

名称:忍者AdMax
運営会社:株式会社サムライファクトリー
審査:なし
換金先:各種銀行
銀行手数料:ジャパンネット銀行・楽天銀行は無料
最低支払金:500円

忍者AdMaxの良い点

僕が使ってみてメリットだなと思う部分を書いていきます。

審査不要

ninjaadmax
アドセンスの場合には、アカウントを取得して広告を掲載しようと思ったらそれだけで半月以上かかりますが、忍者AdMaxは基本的に即時提携ですので、最短4分で載せられるらしいです。

らしいというのは、僕は4分以上かかったので^^笑

ただアドセンスに比べれば断然早いです。

表示報酬型広告に対応

アドセンスなどのクリック課金型広告はその名の通りクリックされないと報酬は発生しません。

しかし、この忍者AdMaxは表示報酬型広告に対応しているため、表示されるだけで収益が発生するという機能があります。

▼忍者AdMaxの収益画面
ninjaadmax2

上の画像を見て分かるように、1度もクリックされていないのに収益が発生しています。

他社の広告を掲載できる

ninjaadmax3
僕はこれが一番のメリットだと思っています。

これはアドネットワークというサービスなのですが、同じブログ内に別の広告を載せれますよというレベルの話ではなく、忍者AdMaxの広告枠内で別の会社の広告を出現させられるというものです。

とくにおすすめの使い方として、A8.netでは物販アフィリリンクをモーションウィジェットにする機能がありますが、これを自分のサイトの属性にあった広告を選び、アドネットワークとして掲載するという方法です。

クリック課金型、表示報酬型、成約報酬型全ての広告を一番収益性が高いものを自動で判断して出してくれます。

物販系のサイトでは規約の関係からアドセンスは貼りづらいですので、おまけの感覚で他のクリック課金型広告を設置している方も多いですが、忍者AdMaxのアドネットワークを使えば物販との相性も良いでしょう。

忍者AdMaxの悪い点

メリットがあればデメリットもあるものですので、僕が思うデメリットを書いていきます。

クリック単価・クリック率が低い

これは人によってはメリットに上げる人もいます。

たしかにアドセンス以外のクリック課金型に比べれば単価はかなり高い方ですが、やはりアドセンスの足元にも及ばないという印象は持ってしまいます。

ただマイクロアドやヤフーのクリック広告が衰退した中、アドセンス以外のクリック課金型広告は忍者AdMaxのみと言っても過言ではありません。

そういう意味では需要もありますし、この先改善されていくでしょう。

そもそもアドネットワークでA8やアマゾンのリンク流しちゃえば問題ないですからね。ちゃんとサイトの属性とあっていれば少ないクリックでも契約できますので。

関連記事:忍者AdMaxとGoogle Adsenseの報酬を比較してみました

ルールがあいまい過ぎる

NGワードが入っていると広告が表示されないとなっていますが、そのNGワードが公表されていないので、対応ができません。

表示報酬型広告とクリック報酬型広告の2種類あると言いましたが、これがどういう基準で出てくるか分かりません。

さらに痛いのが、表示報酬型はクリックされても報酬にならないので、クリックされまくっても、ページビューが少なければ全く収益にならないということです。

さらに広告のサイズによって出てくる広告に違いがあるみたいなのですが、ネット上にはさまざまな情報が出ていますが、公式の見解が少ないです。

この辺りの基準がもう少し明確になればやりやすいと思います。

成果の反映が遅い

アドセンスはリアルタイムで収益が表示されますので、アクセスが多い時間帯やアクセスが集まっている時間帯は収益画面を見るのが楽しみでした。(趣味悪い?笑)

しかし成果の反映が翌日ですので、僕のように収益画面を見ながらニヤニヤする悪趣味の人でしたら、イライラするポイントかもしれないです。

総評・まとめ

全体的に見て、アドセンスの代わりにはならないでしょう。

アドセンスを貼れるサイトにはちゃんとアドセンスを貼り、そしてアドセンスのアカウントを停止されないようにしっかりルールを守って運営して下さい。

ただ、それでも様々な理由からアドセンスを貼れないようなサイトを運営することもあるでしょう。

それを楽天のモーションウィジェットだけで済ませているのでしたら、今すぐにでも忍者AdMaxを登録して下さい。

アドネットワークを使いこなせれば、物販系サイトとしての収益アップに貢献する可能性を大いに秘めているでしょう。

公式facebookページ

公式Twitterアカウント

コメントを残す