WordPressのパーマリンク設定を途中で変更したら大惨事になった

WordPressに限らずですが、パーマリンク設定を途中で変更するのは、あまり気軽に行わない方が良いものです。

最近僕のサイトでパーマリンクを変更したらかなりの大惨事になったので、とりあえず現状を備忘録代わりにまとめておきます。

パーマリンクは気軽に変えてはダメ

このパーマリンクというのは、簡単に言えば記事ごとのURLなんですが、ワードプレスの場合は「設定」の中の「パーマリンク設定」の中から変更することが可能です。

ただこのパーマリンクというのは、今書いたように記事ごとのURLなわけですから、変更すれば当然記事のURLが変わります。

つまり、今まで存在していた記事とは全くの別物になるということです。

これは非常に重要な部分ですので、今までインデックスされていた記事は検索エンジンからのアクセスがなくなりますし、どこか別のサイトから被リンクをもらっていた場合には、その被リンクの効果も失われます。

これを解消する方法として最もベターなのが、301リダイレクトを設定することです。

これを設定すると、昔のパーマリンクが設定してあるURLにアクセスしても、自動で新しい記事に転送されます。

さらにこの301リダイレクトは公式に認められた移転方法ですので、グーグルに対して正式に記事URL移転の報告ができますので、被リンクの効果なども全てではないですが、受け継ぐことができます。

301リダイレクトの設定方法

ワードプレス、HTMLサイト問わず、301リダイレクトを設定する方法として最もベターなのは「.htaccess」というファイルを利用する方法ですが、これは僕のような駆け出しアフィリエイターには至難の技です。

ワードプレスではプラグインを使うのが一番楽でしょう。

リダイレクトを実行するプラグインで最も有名なのは「Redirection」だと思いますが、これは記事単位での設定ですので、パーマリンク変更でのリダイレクトには不向きだと思います。

そこで僕は「Permalink Redirect」というプラグインを使用しました。

プラグインが使えない

そして実際に僕のサイトのパーマリンクを変更し、「Permalink Redirect」というプラグインを導入しましたが、なぜか全くリダイレクトされません。

他のプラグインがバッティングしているのかと思い、全部を無効にしてもう一度チャレンジしてみましたが、やはりリダイレクトされません。

そこからもう少し調べてみたのですが、どうやら「Permalink Redirect」の開発が終わっているようで、新しいバージョンのワードプレスには対応してないらしいんです。

ただ疑問なのが、この情報を記事にしている方が2人くらいしかいなくて、最近でも「Permalink Redirect」を紹介する記事が作成されているので、もしかしたら何か設定的な問題なのかもしれません。

ただリダイレクトできなければかなり困りますので、先ほど登場した「Redirection」というプラグインを使って記事ごとに設定していくことにしました。

300記事近くありますが、そこは気合でなんとかしようと導入してみました。

しかし何記事か設定した段階でチェックしたのですが、どうやらまたしてもリダイレクトできないようです。

有名ブロガーさんのようにワードプレスがめちゃめちゃ詳しいわけではないので、正直こうなってしまうと僕ではお手上げです。

で、結局僕のサイトはどうなったかというと、パーマリンクは変わっているのにリダイレクトはされていないという最も最悪な状態ですので、アクセス数が激減しました。

アクセス解析の画像があるので見てみて下さい。

▼アクセス解析
analytics2

明らかなアクセス数低下です。

パーマリンクの設定を途中で変更するのはかなり危険ということはお分かり頂けたと思います。

こうならないために、最初にパーマリンクを決める時の注意点を次回の記事で書いていきます。

次回記事:WordPressのパーマリンクを最初に設定するときの注意点

 

追記
その後「Permalink Redirect」が動かない原因と「.htaccess」を使った解決策になんとかたどり着けましたので、同じ悩みでお困りの方はそちらもご覧ください。

関連記事:「Permalink Redirect」が動かない問題を「.htaccess」で解決

公式facebookページ

公式Twitterアカウント

コメントを残す